小児矯正|宮津市で歯科をお探しの方は医療法人 白修会 金下歯科・矯正歯科まで

  日・祝
9:00~12:30
14:00~18:30

:土曜午後 14:00~17:30
休診日:木曜、日曜、祝日

〒626-0016
京都府宮津市新浜1952

急患随時受付
  • 電話
  • メニュー

心と身体の健康はお口から

成長期は、歯が生え変わり、顎も成長するため、歯並びや噛み合わせが絶えず変化しています。
しかし、顎の大きさをはじめ様々な要因で、永久歯が並ぶスペースが不足して歯がでこぼこに並んでしまったり、出っ歯、受け口などの歯並びのトラブルが起きてしまいます。

適切なタイミングで矯正治療を行うことで、骨格的な改善ができたり、歯を抜くことなく矯正治療ができたり、治療期間が短くなるなどの様々なメリットがあります。

当院ではなるべくお子様に負担が少なく、短期間で効率良く治療を行えるよう心がけています。

受診の目安は?

矯正治療の見極め時期は3歳・6歳・12歳

矯正治療は乳歯列が完成する3歳頃、「6歳臼歯」が生える6歳頃、永久歯が生えそろう12歳頃が見極めの時期です。
特に幼い頃は、生活習慣やお口の癖を見直すことで、不正な噛み合わせ(不正咬合)を予防できる可能性があります。
保護者の方は、0歳~3歳までの歯並びがその後に影響することを理解し、正しい発育に導けるよう心がけましょう。

3~5歳のお子様
乳歯列期の矯正治療(第0期治療)

イメージ画像

5歳未満の小さなお子様の場合は、ムーシールドと呼ばれる寝るときに装着するマウスピース式の矯正装置を使用します。
第0期のお子様の場合、治療をする場合と、永久歯に生え変わるまで待つ場合と2通りの考え方があります。
歯並びが気になるからと言って、すぐに治療が必要になる場合だけではありません。
最適な治療のタイミングが一人一人異なりますので、気になる場合はまずはご相談ください。

6~12歳のお子様
学童期の矯正治療(第1期治療)

イメージ画像

第1期治療とは、永久歯への交換が始まる6歳前後から、乳歯が全て抜け、永久歯が生えそろう12歳前後までの学童期を対象とした矯正治療です。 学童期は、あごの骨の成長が盛んで、歯も生え変わっていくため、歯並び・咬み合わせが絶えず変化しています。
この時期はお子様のお口の状態および成長発育段階を的確に診断して、適切なタイミングに短期間で効果的な治療を行うことが大変重要です。

矯正歯科にて小学校低学年のうちから、咬み合わせやあごの骨の成長を管理し始めることで、第2期継続治療(ブラケットによる治療)の期間が短くなる、抜歯の可能性が低くなる、治療が簡単になるなどの様々なメリットがあります。
また、第1期治療だけで終了し、ブラケットをつける第2期治療が必要ない場合もあります。

12歳以降のお子様
中・高生の矯正治療(第2期治療) 

イメージ画像

第2期治療とは、永久歯への交換が終わり、第二期治療12歳前後からの中高生を対象とした矯正治療で、大人と同じ装置(ブラケットやマウスピース)による治療となります。

学童期より、咬み合わせやあごの骨の成長を継続的に管理していた場合、成長曲線や手のレントゲン写真により骨年齢やあごの骨があとどれくらい成長する余地があるか予測をすることが可能です。
そのため、お子様一人一人の成長に合わせた、一番ふさわしい治療開始時期を提案することができます。
第1期治療で適切な成長をコントロールする治療を受けている場合、仕上げの矯正治療(第2期治療)が必要になったとしても、成人になってから矯正を始めた場合と比較して、治療の期間が短く、痛みが少ない、効率的な治療を行うことができるのもメリットです。

小児矯正で使用する装置の種類

  • トレーナー
    (T4K・プレオルソ)
    イメージ画像 口呼吸を改善し、鼻呼吸を促すことによって、歯や顎の成長を正常に誘導させることを目的とした、樹脂製のマウスピース型の矯正装置です。
  • ムーシールド
    イメージ画像 受け口を改善するための治療に使用する、樹脂製のマウスピース型の装置です。
  • 床矯正
    イメージ画像 歯の裏側につける装置です。誰にも気づかれない間に美しい歯並びにすることができます。症例により治療期間が長くかかる場合や、発音しにくいといったデメリットもあります。

小児矯正Q&A

  • 矯正治療は、どれくらい期間がかかりますか?
    症状により異なります。
    乳歯がまだある状態の第1期治療(6歳~12歳)は10ヶ月~1年半が目安です。(*開始時期によって2年~3年になる場合があります)
    永久歯が生えそろった第2期治療(12歳以上)は1年半~2年半が目安です。(*いずれも保定期間を除きます)
  • 矯正治療で歯を抜くのは、どんな場合ですか?
    顎が小さく、お子様の歯の生えそろうスペースが足りない場合や、乳歯と永久歯の生え代わりのタイミングで抜歯が必要なことがあります。一人一人のお口の状態により、抜歯が必要な場合とそうでない場合がありますので、抜歯について不安なことがある場合は、ご相談ください。
  • 治療中に引っ越した場合どうなるの?
    治療中に転居する場合は、転居先の矯正専門医か大学付属の矯正科をご紹介いたします。矯正料金につきましては、治療の進行状況に応じて精算いたします。
  • 矯正治療は医療費控除の対象となりますか?
    矯正治療は保険適用になる場合が一部であるため支払いが高額になりますが、噛み合わせの改善や発育段階にあるお子様の不正咬合矯正などは医療費控除の対象になります。 ただし、同じ歯列矯正でも、容貌を美化する目的の場合は医療費控除の対象になりません。 詳しくは国税庁ホームページ税務相談室「タックスアンサー」の「医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例」をご覧ください。

患者様の声

Case 1. T・O様(30代/男性)

イメージ画像
Q.矯正治療を始めたきっかけ
幼少期から歯ならびが悪く、歯をみがいたつもりでも、食べカス・歯垢がたまって歯石になりやすい状態でした。特に、内側に入り込んでいた歯の周辺がひどく、口内炎や舌炎があると、さらにみがきにくく、痛みや違和感を覚える日々でした。先生に相談すると「根本的に治すためには矯正ですね」とおっしゃったので、思い切って治療を受けることにしました。
Q.矯正治療をして一番よかったこと
大きな口を開けて笑ったり、話したり、歯を見せてもはずかしくないと思えるようになったことです。口臭がなくなったことも大きいです。歯みがきがしやすくなり、毎食後の歯みがきが楽しみになるほどです。さらに、発言がしやすくなったと感じます。歯のならび方が左右対称になったので、舌の動きがスムーズです。ありがたいです。
Q.矯正を悩んでいる方へのメッセージ、矯正治療の感想など
何と言ってもお金がかかるので迷うと思います。でも、笑顔と白い歯、話しやすい口は何ものにも変えられない自分の宝です。大人になってからの矯正は期間が長く、それだけ高額になりますが自動車よりは安いです。自動車を買っても健康になりませんが、矯正はすればまちがいなく健康になります。歯は一生使うものです。小さなお子さんほど短く安くすみますので、少しでも迷われる方は相談しましょう。
Q.最後に当医院に対しての感想やご意見をお願い致します
京都府北部で最新・最先端の矯正治療が受けられる金下さんとご縁を頂き、心から感謝します。いつも笑顔で優しく接して下さる両先生とスタッフの皆さんに励まされています。これからもよろしくお願いします。

Case 2. M・G様(60代/女性)

イメージ画像
Q.矯正治療を始めたきっかけ
日本人の7割以上が歯並びに自信がないそうです。私もその一人ですが、健康で大きな歯に愛着を感じていて、このまま8020以上を実現するつもりでした。
それゆえに、平成27年の年末に下前歯の傾きに気がついたときには愕然としました。明らかに「これが歯の老化?」と認めながらも、大変な衝撃を受けました。
頭に浮かんだのは歯科矯正でしたが、自分の年齢(当時58)で果たしてできるのか不安がありました。
しかし、これ以上放置できないという強い危機感から、「何とかしなければ」という思いと、金下先生の「直りますよ」の一言を信じて治療を即決しました。
Q.矯正治療をして大変だったこと
この治療は「絶対的な覚悟」なくして始められないものだと思います。もちろん死ぬほどの苦しみではありませんが、毎日食事のたびに矯正ワイヤーに悩まされ続け、装着した者にしか味わえない違和感が続きました。また、私の場合は装具のせいで少ししゃべりにくさを感じたり、体裁から口を開けることに抵抗感も感じていました。さらに治療の終盤には辛さを先生に直接聞いてもらうこともありました。
その中でも、虫歯を作らないようにデンタルケアは毎日しっかりやりました。ワイヤーは1月ほどすると緩んできて、受診が近づいてきたことを教えてくれました。月1回の受診は治療を続ける鍵となりました。先生や歯科衛生士さんにチェックしてもらうことで矯正の進み具合がわかり、希望が湧きました。
Q.矯正を悩んでいる方へのメッセージ、矯正治療の感想など
矯正の悩みは「矯正して改善する」ことでしか解決できないと思います。歯周病や歯肉炎があると治療そのものができないそうなので、可能な場合は迷わず始めることをお勧めします。私は治療をしてもらえて幸運でした。部分矯正でしたが、歪んだ歯が動き出したときには正直感動しました。今では悩んでいたことが嘘のようです。ただ、矯正装具からは解放されたものの、リーテイナーの常時装着はやや想定外でした。しかし、10ヶ月間の成果を無駄にしないためにも必要なものとして受け入れています。鏡を見るたびに、思い切って治療をしてもらって良かったと実感する毎日です。見守ってくれた家族にも感謝しています。
これからも定期検診を続け、歯並びを含めた歯の健康維持に努めたいと思います。
金下先生には本当にお世話になりました。これからもよろしくお願いします。

Case 3. Y・H様(10代/男性)

イメージ画像
Q.矯正治療を始めたきっかけ
前歯、特に前歯のずれがひどかったので気になってはいましたが、これからもさらに歯並びが悪くなっていくかもしれないと言われ、スポーツをやる時のためにも歯並びはきれいな方がいいと聞いたからです。
Q.矯正治療をして一番よかったこと
ずれている歯に歯垢がたまり、歯石となることがなくなったし、スポーツをするときに噛み合わせが悪いと思い切りふん張ったりすることができなそうですが、それがないことが嬉しいです。
Q.矯正を迷っている人へ一言
矯正治療は慣れるまでが大変だと思いますが、歯並びが良いことは虫歯になる可能性が低くなったり日常生活に良いことがあるだけでなく、スポーツをする時などで思い切りふん貼ったりすることができるので、そういうことも考えている人は、ぜひやった方がいいと思います。
Q.最後に当医院に対しての感想やご意見をお願い致します
どんな治療をして、どんな影響があって、どんな対処をすればよいか、丁寧に教えてくださるので、安心して治療を受けることができます。

Case 4. K・I様(10代/女性)

イメージ画像
Q.矯正治療を始めたきっかけ
歯並びが悪くかったこと、上の前歯の3番目の歯が生えてこず、レントゲンで確認したところ横向きに生えていたので矯正治療をはじめました。
Q.矯正治療をして大変だったこと
矯正の針金を変えた次の日などは歯が痛むこともありました。
歯が磨きにくいことなどです。
(だけど、そんなに大変だと感じたことはなかったです!)
Q.矯正を悩んでいる方へのメッセージ、矯正治療の感想など
矯正をするか悩んでいる人がおられるなら、矯正治療をオススメします。
治療をする前は、歯並びが悪く、写真を撮る時は、すごく嫌だと感じる時が多かったです。
治療を終えた今では、歯並びもとてもよくなり、笑顔で写真をとることに抵抗はなくなりました!自分が思っている以上に歯並びがよくなって、矯正して本当に良かったなと感じました。

Case 5. K・Y様(10代/女性)

イメージ画像
Q.矯正治療を始めたきっかけ
歯並びが悪く、きれいにしたいと思ったから
Q.矯正治療をして大変だったこと
慣れるまでは痛くてごはんがなかなか食べれなかったこと
話しにくい時があること
Q.矯正を悩んでいる方へのメッセージ、矯正治療の感想など
私は矯正をする前は、別にこのままでもいいと思っていけど、矯正を始めてだんだん歯ならびが良くなってきてとてもうれしかったです。
昔の写真と今の写真では笑い方も表情も全然ちがうし、今では歯を見せて笑うことができます。大変なことも多いけど、今では矯正をしてよかったと思っています。昔に比べて笑顔が増えたと思います。

Case 6. N・H様(20代/男性)

イメージ画像
Q.矯正治療を始めたきっかけ
僕の奥歯はシザーズバイトというはさみ状の咬み合わせになっていて、そのままにしておくと顎がずれるか横に倒れるかのどっちかだったので矯正治療を決意しました。
Q.矯正治療をして大変だったこと
歯がずれる原因は親知らずが歯を押すからなので、まず親知らずを抜かねばなりません。僕の場合は親知らずが歯茎の中に入っていたので、歯茎を切開して親知らずを取り出しましたが、その後1ヶ月は痛みが引きませんでした。
それと矯正装置を歯につけると口内を切ることがあるので注意が必要です。
Q.矯正を悩んでいる方へのメッセージ、矯正治療の感想など
矯正期間は約2年かかるので辛抱を要します。
しかし、歯並びが悪くて虫歯になりやすいなどの問題があるのであれば、一度病院で見てもらうことをおすすめします。
当院では1から丁寧に説明してもらえるので歯について学んだあとに選択することができます。